「紅白歌合戦でいうと大トリ」関根勤、“持っている男”武尊への期待

武尊は9月24日開催の「K-1 WORLD GP 2018 ~初代クルーザー級王座決定T~」のスーパーファイトで、ダニエル・ピュータスと対戦。この試合の様子は<AbemaTV>で生中継される。


格闘技のイベント会場で武尊と対面したK-1公式サポーターの関根勤は「3階級制覇した後の大事な試合ですから、豪快なKOを」と、ピュータス戦での快勝に期待する。


武尊自身については「出てきただけで会場が沸くんですよ、期待でね」と観客の反応について明かすと「その期待にいつも応えてくれるから、今回も期待以上のすごいKOを見たいですね」と目を輝かせた。


同大会では話題のカードが並ぶが、その中でも「武尊選手は輝ける?」というスタッフの質問にも「やっぱり締めは武尊じゃないですか?」と太鼓判。


「紅白歌合戦でいうと、大トリですよ」と例えると、「大トリ歌って、パァーッと最後に『また来年も会いましょう』っていうね。そういう星の元に生まれた人ですよね」と、武尊が生まれ持ったスター性について熱く語った。

続きを見る