日本VSフィリピン“エース対決”に挑む!若松佑弥、強敵をロックオン

若松佑弥は、9月22日開催の「ONE Championship」ジャカルタ大会でダニー・キンガドと対戦。この試合の様子は<AbemaTV>で生中継される。


9月10日の取材で、現在のコンディションを聞かれた若松は「いい感じ、今週一気に仕上げる」と調整は順調の様子。


「(パンクラスの)タイトルマッチのときは気合入りまくってて、逆に気合入れすぎたなっていうのがあって」と2月の仙三戦を振り返りつつ、「今はすごいリラックスできるようになって、過去最高です」と笑顔を見せた。


キンガドについてもリサーチ済みで、「パワーがハンパない」と印象を述べると、標高1400メートルに住みトレーニングしているという練習環境の違いについても語り「心肺機能がヤバそう」と分析。


「相手のことを何倍も強く想定している」と、チャンピオンが3人在籍する<チーム・ラカイ>所属のキンガドへの油断が一切ない若松は「あっち(フィリピン)ではエース的な存在だと思う」と推察し、自身の立場と重ね合わせる。


フィジカルの強さも評価して「経験したことのないようなプレッシャーを感じると思う」としながらも「同じ人間だから、どこかに穴がある」と攻略には自信を見せていた。

続きを見る