「勝ってチャンピオンになるのが運命」「打撃で圧倒する」若松佑弥、必勝を誓う

若松佑弥は、9月22日開催の「ONE Championship」ジャカルタ大会でダニー・キンガドと対戦。この試合の様子は<AbemaTV>で生中継される。


「パンクラスであの位置で戦うより、(日本の)チャンピオンクラスでもONEに行って勝てるかわからない状況の中で、1勝1勝積み重ねてチャンピオンになった方がいい」とONEで戦う意義を明かした若松。


「世界に出たいというか、ONEもそんなにレベルも低くないし、逆に高いんで」と続けると「世界に出られるんだったら、強ければなんでもいい」と、世界の猛者たちと戦うことに意欲を示す。


「ONEで勝てなくて、UFC(に行きたい)ばかり言っても現実味がない」と冷静に現状を受け止める若松は、まずONEで勝利を収めたいとして「そのときにUFCが最強だったらUFCに行きたい」と、より強者と戦いたいという想いを明かした。


キンガド戦については「プレッシャーに負けて後手になるのが怖い」と、ケージに詰められた上での組技への警戒感を示し「自分から攻めて相手を下がらせるくらいじゃないと駄目」と戦略を語る。


さらに「打撃で圧倒してやろうかなと思ってます」と闘志を燃やすと「僕がONEに出るのも、勝ってチャンピオンになるのも運命。だから勝ちます」と勝利を確信していた。

続きを見る