「ごちゃごちゃ考えないでブッ倒してこい!」「何がなんでも勝て」 長南亮、和田竜光が若松佑弥にエール

若松佑弥は、9月22日開催の「ONE Championship」ジャカルタ大会でダニー・キンガドと対戦。この試合の様子は<AbemaTV>で生中継される。


戦術について若松は、打撃以外のバリエーションある攻めに含みを持たせつつも「打撃で圧倒してやろうかなと思ってますね」と絶対の自信を見せ、「頭の頂点にも(ヒジを)落としてやろうかと思ってます」と宣言。


若松の盟友・和田竜光は「僕なんかと違って、闘うために生まれてきたような試合をする」と実力を認めると「ごちゃごちゃ考えないでブッ倒してこいよ」とエールを送る。


<TRIBE TOKYO M.M.A>代表の長南亮は「佑弥も今度は試される番」と、試練の一戦になるとして「今、日本人選手が苦しい状況になってるんで、パンクラスで暴れてた佑弥が負けるようじゃ応援してくれた人たちに申し訳ない」と熱い思いを語ると、「何がなんでも勝ってもらいたい」と語気を強めた。


青木真也が連敗を止めたものの、和田を含め日本人選手の敗戦が続いたONE。青木も「アイツ(若松)が負けたら青木も辞めるよ」と宣言するなど、若松戦には日本MMA界の注目が集まっているようだ。

続きを見る