愛する弟、KIDに勝利を捧ぐ!山本美憂のRIZINにかける覚悟を見よ

9月30日、さいたまスーパーアリーナで開催の「RIZIN.13」に、山本美憂が参戦する。対戦相手はアンディ・ウィン。一昨年大晦日に敗れた相手とのリベンジマッチだ。


女子レスリングのパイオニアがMMAに参戦するようになって今回が6戦目。前回は実績のある石岡沙織に勝利しており、軌道に乗ってきた感がある。


それだけに雪辱への期待も大きいが、当然ながらこの試合の意味はそこだけではない。弟の山本“KID”徳郁が18日にがんで亡くなったばかり。狙うのはKIDに捧げる勝利だ。


もちろん、精神的なショックは察するに余りあるものだ。普通であれば試合などできない状況だろう。だがRIZINの榊原信行実行委員長は「今は試合があることで、本人も気持ちのバランスを取っているのかもしれない」と語っている。


というのも、そもそも今回の試合は美憂からの直談判から決まったものだったという。前回の試合が7月だから短いスパンになるが、それでも試合を望んだのは闘病中だったKIDにエールを送るためだ。


無念にも、KIDは姉の試合前に世を去ることになってしまった。だがKIDのために闘うという気持ちは変わらない。


20日の記者会見で、美憂は主催者を通じて以下のコメントを発表している。


「この度の事で皆様にご心配をお掛けしていますが、私、山本美憂は9月30日のRIZIN.13は予定通り出場いたします。もちろん勝って弟にいい報告をしたいと思いますので、応援よろしくお願いします! 皆様、沢山の沢山の励ましのメッセージを頂き本当にありがとうございます!」


その思い、覚悟はとてつもなく深い。悲しみを乗り越えての勝利を、多くのファンが望んでいるはずだ。

続きを見る