“大阪生まれの成り上がり”皇治、ファンへの強い想い

皇治は9月24日開催の『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN 〜初代クルーザー級王座決定トーナメント〜』のスーパーファイトで、スタウロス・エグザコスティディスと対戦。試合の様子は<AbemaTV>で生中継される。


「昔ね、魔裟斗さんが試合より練習の方がキツいみたいなこと言ってたんですよ」と話を切り出した皇治。当時は「そんなモノはありえへん」と、試合の方がはるかに過酷と思っていたという。


しかし「最近は、よっぽど練習の方がキツイですもんね」と心境の変化を告白。現在はハードなトレーニングを積んでおり「マジいい歳こいて半べそかきそうになる」と明かした。


また、トレーナーについている<K-1ジムシルバーウルフ>大宮司進氏については「大宮司さんのことはスゲー好きですけど、練習自体が苦しすぎて、マジで起きるの嫌っスもんね」と本音を吐露する。


それでもトレーニングを続ける理由について「“自分との闘い”とかも限界があると俺は結構思ってて。で、“相手との闘い”も結構限界があって。俺はいつも、ホンマに“ファンとの闘い”やと思ってるんですよね」と、いかにファンを盛り上げることができるか? ということに支えられていると語る皇治。


さらに「ホンマのカッコつけ抜きに、ファンの存在は俺にとってスゲー大きいですね」「ファンがゼロやったとしたら続けてないですね、こんなキツイこと」と感謝の想いを吐露した。

続きを見る