「対策ってよりブン殴ってやる」皇治、武尊へ強気の姿勢

9月24日開催の『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN 〜初代クルーザー級王座決定トーナメント〜』のスーパーファイトで、スタウロス・エグザコスティディスと対戦する皇治。試合の様子は<AbemaTV>で生中継される。


トレーニングを終え「最強っすよ、もうタケポン(武尊)も俺に勝たれへん、タケポン対策もバッチリなんで」と、皇治は対戦を望み続けている武尊への強気な姿勢を見せる。


さらには「タケポンの場合は対策っていうよりブン殴ってやるっすけどね(笑)」と言ってのけるなど余裕の表情。


「キューピー(スタウロス)は大丈夫っすよ」と、次戦については意にも介していない様子で「アイツに負けたらK-1終わるでしょ」と言い放った。


およそ2年前から皇治が指導を受けているという<森岡ボクシングジム>会長の森岡和則氏に、スタッフが「こういうこと言う皇治さんをどう思いますか?」と話を振ると、「それはもう皇治くんのキャラですから」と苦笑い。


しかしフォローとして「すごい礼儀正しいですし、人の気持ちもよく分かる人やから」と普段の人柄を明かすと、皇治は「だから、モテるでしょうね」と言いながらも照れ笑いだった。

続きを見る