「言い訳を作らせない」「天狗の鼻をへし折る」堀口恭司、キックボクシングルールで那須川天心と戦う理由

9月30日に開催となる『RIZIN.13』で、ついに“神童”那須川天心と対決することになった堀口恭司。


「今の格闘技界で、1番最高のカードだと思う」と語る堀口は「『どっちが強いんだろう?』ってファンの中で会議が起こるくらいじゃないと盛り上がらないんで」と、自身でも“注目の一戦”との認識を示す。


さらに「まあ天心くんと自分がMMAや喧嘩とかしたら、絶対自分が勝つじゃないですか、当たり前に」と言い切ると「相手の土俵でそれ(勝利)を見せたら、もう何も言えないじゃないですか」と、キックボクシングルールで天心と戦うことの意義を明かした。


「『MMAだから負けたんだよね天心くん、大丈夫だよ』。そうじゃないんですよ、言い訳を作らせない状況を作って自分が勝てば」と、あくまで“完全勝利”を狙う堀口。


「腰が低くていい子だなとは思いますけど、やっぱりどこかで、なんだろ……天狗じゃないけど(うぬぼれが)あるんじゃないかなと自分は思いますね」と天心を評すると「だから自分がちょっとへし折ろうかな」と闘志を燃やしていた。

続きを見る