「日本格闘技史上初、強さのみで人を魅了」青木真也、堀口恭司は“誰でも憧れる”

22日『VS 那須川天心 2nd』(AbemaTV)が放送された。1stシーズンから3か月を経て始まった、“神童”那須川天心に密着する格闘ドキュメンタリー番組だ。

9月30日に開催となる『RIZIN.13』で、ついに堀口恭司と対戦する天心。目前に控えたドリームマッチについて“バカサバイバー”青木真也が語った。


青木はプロデビュー以来無敗を誇る天心について「いっさい汚れてない、まさに純真無垢」とコメント。「強さで人を魅了して、強さのみで人を魅了できる人」と称賛する。


「駆け上がっていくところを見たい」という欲求から、若年層の人気を集めていると分析する青木は、自身は敗戦から再起する姿に興味がある、としながらも「そのまま上り続けて終わっちゃうんじゃない?」と、今後も無敗を守り続けると予想した。


一方、堀口については「日本MMA史上初めて、強さのみで人を魅了した人。日本格闘技史上、初めてだと思います」と、圧倒的な強さを手放しで評価する。


紆余曲折を経てきた自身と比べて「面白味はない」としながらも「即興的なものがありますよ」と、その場で“何か”を生み出せる堀口の強みについて解説した。

続きを見る