青木真也、天心vs堀口戦は「那須川のワンサイド」 その理由とは?

22日『VS 那須川天心 2nd』(AbemaTV)が放送された。1stシーズンから3か月を経て始まった、“神童”那須川天心に密着する格闘ドキュメンタリー番組だ。

9月30日に開催となる『RIZIN.13』で、ついに堀口恭司と対戦する天心。目前に控えたドリームマッチについて“バカサバイバー”青木真也は勝敗を聞かれると「那須川のワンサイド」とキッパリ。


その理由について青木は「那須川の自流試合だから」と答える。自身のキャリアの中でも「勝負してやる」とアメリカに渡ったときには敗北を喫していると振り返り、「呼び込んで、“自分のルール”に持ち込まなきゃいけない」と持論を展開した。


キックボクシングルールで2人が闘うことについて「そこが那須川の強さですよね」と、那須川側の作戦勝ちだとして「実際ワンサイドで勝つと思います」と明言。


また、元総合格闘家の大沢ケンジは、天心が「5試合やったら4回勝つ」としながらも、初戦は感覚が掴めず天心が苦戦すると分析。「本音は2人とも負けてほしくない」と打ち明けたが、軍配は堀口に上がると予想した。

続きを見る