“史上最強のMade In JAPAN”堀口恭司、「ゲームプランはできてる」 天心をシュミレーション

9月30日開催の『RIZIN.13』で、ついに“神童”那須川天心と対決する堀口恭司。


普段の総合格闘技とは違い、6オンスのグローブを着用することについては「スパーリングでスゴいデカいグローブでいつもやってるんで、そこは全く気にしてないですね」と意に介さず、むしろブロッキングでディフェンスができるメリットがあると語った。


天心のキックボクシング選手に対する回避能力の高さを挙げながらも「ところが相手がMMAファイターになったら、飛び込んできたりする打撃に対して反応できてなくて、(天心が打撃を)もらったりすることがある」と、MMA特有の距離感に勝算を見出す堀口。


「MMAファイターはキックの選手より距離が遠いですけど、それよりさらに遠いですね自分は」と、伝統派空手特有の遠い間合いを操る技術に自信を見せた。


「蹴りパターンじゃないんで、見てるとパンチが得意なタイプ」と、天心の格闘スタイルについて分析する堀口は「(距離を)詰めてきて詰めてきて、得意の左ストレートをどういう風に当てるかを考えてくる」と天心の戦術を予想する。


しかし、天心よりも遠い間合いを持つ堀口は「『ヒョイン』って逃げられちゃうじゃないですか?」と余裕で、近い距離の攻防についても「全然問題ないです」とキッパリ。


ゲームプランについて「もうできてます」と語る堀口は「お客さんがシーンとして、スゴい(試合を)観ると思いますよ」と、息をもつかせぬ攻防になると予言した。

続きを見る