武尊だけがタケポンじゃない!武居由樹、K-1大阪大会に参戦アピール

26日に『K-1 WEDNESDAY CHANNEL』(YouTube)が生放送された。

ゲストの武居由樹は、24日開催の『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN~初代クルーザー級王座決定トーナメント~』スーパー・バンタム級スーパーファイトで、アクラム・ハミディ相手に1ラウンドKO勝利を収めている。


武居は「実は、会見用に取っておいた言葉があって」と切り出すと「皇治選手がタケポンタケポンて……自分もタケポンなんで」と秘蔵コメントを披露。


皇治はかねてより、武尊のことを“タケポン”という愛称で挑発し、12月8日開催の「K-1 WORLD GP」大阪大会での対決を要求している。


これを武居は「ちょっと大阪に呼ばれてる気がするんで」と、自分への呼びかけだと解釈すると「大阪行っちゃおうかな、みたいな(笑)」と、大阪大会の参戦に意欲を見せた。


冗談めかして話す武居だったが、中村の「ズバリ武居選手、大阪大会は出たい?」という質問には「出たいですね」と即答。


「今年まだ2試合しかしてないんで、全然怪我とかもない」と万全ぶりをアピールし、「(試合のオファー)待ってます」と呼び掛けた。

続きを見る