「二度と関わりたくない」湯浅麗歌子、『格闘代理戦争』出場辞退!

9月29日、『格闘代理戦争3rdシーズン』(AbemaTV)が放送された。

格闘界のレジェンドたちが次世代を担う選手を発掘する「格闘リアリティ番組」。第3弾では「総合格闘技/女子」を舞台に、ファイターたちがトーナメントの頂点を目指す。優勝者には賞金300万円と「ONE Championship」とのプロ契約の権利が与えられる。


「重大な話があって……」と、推薦人・青木真也を呼び出した番組スタッフ。青木は既に柔術家の湯浅麗歌子を選出しており、番組でも順調ぶりをアピールしていた。


しかし、スタッフから告げられたのは「湯浅麗歌子が出場を辞退されました」という衝撃の事実。青木は繰り返し「辞退!?」と叫び、「大切なことなんで4回言いましたよ」と目を剥く。


「ダメでしょそれ!」と狼狽した青木は「『やります』って言ってたよ、口頭契約してたよ!」と食い下がる。湯浅は参戦の意志を表明していたものの、スタッフによれば「二度と関わりたくない」と伝えてきたという。


絶縁宣言とも受け取れるコメントに、青木は「割と感情的なお人なんですね」と意気消沈。スタッフいわく、他の出場選手を見て「自分に見合う選手がいない」と思ったのが1番の理由なのだとか。


突然、自身の推薦選手がいなくなってしまった青木だが、気持ちを切り替えて「宝石箱へ原石を探しに行く」と、DEEP JEWELSで選手を発掘することとなった。

続きを見る