プロレスにも参戦 青木真也が語る「仕事の取り組み方」

9月30日に総合格闘技界の異端児・青木真也の冠番組『AOKI AWARD』(AbemaTV)が放送。

青木が直近1ヶ月間で行われた格闘技の試合から、 独自の目線で最も興味深かった試合を選んで選手に賞を贈るという、格闘技シーンを盛り上げるために企画・創設した同アワード。第7回は<パンクラスイズム横浜道場>所属のSARAMIを選出した。


「青木真也のあ~だこ~だ」のコーナーで、現在参戦中のDDTプロレスリングが主宰する『DDT LIVE! マジ卍』について触れた青木。「これね、“仕事観”の話なんだけど、1つのプロレスっていう仕事をするのに、試合の日だけじゃなく、何日か仕込んでる」と解説する。


青木は対戦相手のプロレスラーが務める居酒屋への電撃訪問や、公開練習への「チャチャ入れ」といった事前の“アオリ”をしており、「プロレスの試合をするってだけの、金をもらうだけならその日行けばいいけど、そうじゃないじゃん」と、仕事の取り組み方について熱弁。


「先につなげて大きくしていくためには、一生懸命プロモーションしてやっていく」と、プロレスへの力の入れようについて語りつつも「まあ、楽しいですけどね僕は」と充実している様子だった。

続きを見る