「やっぱり愛がある」 青木真也、『格闘代理戦争』推薦選手らへの思い

青木真也が、10月6日開催のONE Championship『KINGDOM OF HEROES』でイブ・タンと対戦。この試合は<AbemaTV>で生中継される。

<AbemaTV>で放送中の『格闘代理戦争』に推薦人として参加している青木。同番組について「自分自身がどういう人間か、再確認させてくれる要素が強かった」と振り返る。


どんな青木さんが? という問いには「やっぱ愛があるワケ」と自らを分析して、「この番組が本当に彼らの役に立つかなと悩んだりするし、後押しというか、背中を押してあげられるように。面倒みてやろうとは思ってない。自立できるように一生懸命やってあげようとは思ってる」と、推薦選手らへの思いを語った。


現在『格闘代理戦争』は3rdシーズンに突入。青木は推薦した湯浅麗歌子が出場を辞退したため「順調じゃないよ」とボヤいたものの、9月16日開催の『DEEP JEWELS 21』では“逸材”を発掘したようで、選手について「アレ、狂ってますよ」と評する。


さらに「あの子、見たときに何かおかしいなと思ったんだよね。『うわ、これ危ないヤツだ』と思ったもんね、すごい魅力的だった。何かいろいろ考えさせられた」と意味深に語った。

続きを見る