那須川天心が振り返る、堀口恭司に攻め込めなかった理由

6日『VS 那須川天心 2nd』(AbemaTV)が放送された。1stシーズンから3か月を経て始まった、“神童”那須川天心に密着する格闘ドキュメンタリー番組だ。

9月30日に開催の『RIZIN.13』で、堀口恭司との世紀の一戦に挑み勝利した天心。番組では試合を終え帰途につく車の中で、父・弘幸氏と親子2人きりで語り合う様子を紹介している。


試合が終わりリラックスムードの2人だったが、弘幸氏が「自分がまだまだだっていうのが分かったろ?」と語りかけると、天心は「分かったね」と素直に応じる。


「まだまだだよ、ホントだよ」と続ける弘幸氏は、1ラウンド開始後に攻勢を仕掛けなかった天心に「なぜいけなかった?」と問いかけると、天心は「フェイントがすごかった」と、堀口の技術に圧倒されていたと振り返る。


弘幸氏が「堀口を偉大に見すぎた」と天心の内面にある問題を指摘すると、天心も「ダメだったよね」と認め「試合するって感じじゃなかったもんな、敵って感じじゃなかった」と本音を吐露。


これに弘幸氏は「それはお前が経験しなくちゃいけないこと。やっぱり勝負の世界だからダメなんだよ、それじゃ」「一流のファイターはそこでもガンガンいくし、自分が倒れちゃいけない。お前ちょっと転びすぎだよ。意地でも『倒れたら負け』くらいでいかないと、そこが足りない」と次々にダメ出し。


「やっぱりすべてはここ(ハート)なんだよ、技術を上げるのもここだし、一番足りないものだよね」という言葉を天心が「そうだね」と受け入れると、弘幸氏は「いい経験させてもらってんだから、強くならないとな」と、互いに決意を新たにしていた。

続きを見る