那須川天心、「あ、ヤバい」 堀口恭司の“3年前の残像”

6日『VS 那須川天心 2nd』(AbemaTV)が放送された。1stシーズンから3か月を経て始まった、“神童”那須川天心に密着する格闘ドキュメンタリー番組だ。

9月30日に開催の『RIZIN.13』で、堀口恭司との世紀の一戦に挑み勝利した天心。番組では試合を終え帰途につく車の中で、父・弘幸氏と親子2人きりで語り合う様子を紹介している。


「今回は“重”が厚かったよ本当に」とプレッシャーを感じていたと語る天心。周囲の「大丈夫」という声にも「『いや、大丈夫じゃないだろ!』っていうのがずっとあった」と明かすと、弘幸氏は「それはお前が感じたことだから、お前の中でな」と厳しい言葉をかける。


天心は「3年前にマス(スパー)やってるのがデカかったね」と、かつての堀口とのマススパーリングをを振り返る。「マスで『あ、ヤバい』って思った、マスだから思ったのかもしれないけど。スパーだったら『いけるかも』って思ったかもしれない」と、当時の印象が“残像”として残っていたのではないかと分析した。


天心は堀口対策として、空手家・真島和也氏と稽古を行っていたが、これが功を奏したようで「本当に真島さんよかった」と感謝する。


弘幸氏は、判定までもつれ込んだ試合について「いつもだったらブーイングとか起こんじゃん? でもなかったよ」と語り「最後は、少しはやったことを認めてくれたのかな」と、観客の心境を推察した。


世紀の一戦を終え、弘幸氏が「長い一日に感じたけどさ、なんか一瞬だよね」と感想を口にすると、天心も「ホントそれ」と頷いていた。

続きを見る