皇治、芦澤竜誠の挑発に余裕のアンサー 対戦の条件も叩きつける

10日に『K-1 WEDNESDAY CHANNEL』(YouTube)が生放送された。


今週は「まるごと1時間皇治スペシャル」と題して、9月24日開催の「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN~初代クルーザー級王座決定トーナメント~」スーパーファイトで、スタウロス・エグザコスティディスを相手に判定勝利を収めた皇治がゲストとして登場。


先週の同番組には芦澤竜誠が出演し、皇治に対する怒りをあらわにしながら「やってやってもいい」と、上から目線の挑戦状を叩きつけた。これに皇治は、普段「ナマズくん」と揶揄されている芦澤に対して「勘弁してよウナギくん」とコメントする。


放送回の動画も見たそうで「もう笑けて。『メッチャかわいい』と思って、俺はファンになった」と余裕を見せると、芦澤の発言を「ヤキモチでしょ」と一蹴した。


芦澤に批判された内容について、過去の『K-1 WEDNESDAY CHANNEL』で小澤海斗と和気あいあいと会話していたのは、日ごろから「サウスポーとは戦わない」と公言しており、小澤がサウスポーかつ階級も違うことから、対戦することがないため険悪になる必要性がないと解説。


また、会見で皇治が芦澤の名前を忘れたかのように見えた場面については「アッシー(芦澤)のため」と説明。普段から武尊をタケポン、小澤をカイカイといった“あだ名呼び”が多い皇治は「カイカイとナマズくん」と言いかけてしまったそうで「かわいそう」という思いから、記者に名前を確認したのだという。


芦澤の挑発を全く意に介していない様子の皇治は「自分の階級では結果残してきてるのかもしれんけど、俺とやりたいんだったらヒロやん(卜部弘嵩 )倒して、(島野)浩太朗倒して、キューピー(スタウロス)倒して、で俺や言うんだったら全然しゃーないと思うし、そんときに一緒に盛り上げたらいい」と、芦澤に対戦の条件を突きつけた。

続きを見る