那須川天心、対堀口戦に用意した秘密の必殺技は「シャイニング・ウィザード」

9月30日開催の『RIZIN.13』で日本MMA最強のファイター、堀口恭司との世紀の死闘を繰り広げた那須川天心。

準備していた“必殺技”については、試合後の記者会見で「『シャイニング・ウィザード』っていう技だったんですけど、出せなかったですね」と不発に終わったことを告白していた。


この「シャイニング・ウィザード」は、プロレスラー・武藤敬司の得意技と同名で、天心は膝への右ローから駆け上がるように左ハイキックを決める“二段蹴り”の攻撃を特訓していた。


弘幸氏は「二段のやつ、ずっと待ってたんですけどね」と試合を振り返ると「一発くらい出せ」とダメ出し。天心が「『二段』って言ってくれれば」と反論すると、弘幸氏は「お、言ったって聞こえてないもん」と手厳しい。


交際を宣言しているMMAファイター・浅倉カンナと試合後に談笑していた天心は「『勝って』とかは言われないんですよね。『無事にリング降りて』みたいな」と明かすと、浅倉は「良かったです。もう無事で」と胸をなでおろす。


ここでスタッフが弘幸氏に「でも『酒・タバコ・女はダメ』っておっしゃってたじゃないですか?」と質問をぶつけると、弘幸氏は「女はしょうがないですよね」とあきらめたように回答。


「お父さん公認?」という質問には「もう公認するしかないじゃないですか! あんだけ(交際の報道が)出てるんだもん」と苦笑いしていた。

続きを見る