青木真也、桜井“マッハ”速人を挑発!“寝技世界一”菊田早苗が参戦

13日『格闘代理戦争3rdシーズン』(AbemaTV)が放送された。

格闘界のレジェンドたちが次世代を担う選手を発掘する「格闘リアリティ番組」。第3弾では「総合格闘技/女子」を舞台に、ファイターたちがトーナメントの頂点を目指す。優勝者には賞金300万円と、「ONE Championship」とのプロ契約の権利が与えられる。


トーナメントには既に<TEAM KRAZY BEE>、青木真也、佐藤ルミナ、石浦将勝が名を連ねているが、さらなるレジェンドが参戦を表明していることが判明。


その1人は“寝技世界一”の菊田早苗。「自分が出たらチョロい」と豪語し、2ndシーズンの推薦人・桜井“マッハ”速人を「選手としてはいいんですけどね、いい選手いい監督にならず」と言い放つ。


さらに、3rdシーズンも参戦する青木真也については「孤立してやってる人間」と評し、「いい選手を推薦するのはピンとこない」とバッサリ。


自身の道場<GRABAKA>のタイ支部にいる梅原拓未が推薦選手だと明かす菊田は「青木くんとかセコイから」と、事前に対策されるのを警戒しつつも、試合映像などを一部公開。ケージの中でアグレッシブに攻める梅原の姿を見せつけた。

続きを見る