「女子選手を推薦するなら、女子が選んだ方がいい」“女子格からの刺客”V.V Meiが参戦

13日『格闘代理戦争3rdシーズン』(AbemaTV)が放送された。

格闘界のレジェンドたちが次世代を担う選手を発掘する「格闘リアリティ番組」。第3弾では「総合格闘技/女子」を舞台に、ファイターたちがトーナメントの頂点を目指す。優勝者には賞金300万円と、「ONE Championship」とのプロ契約の権利が与えられる。


トーナメントには既に<TEAM KRAZY BEE>、青木真也、佐藤ルミナ、石浦将勝が名を連ねているが、さらなるレジェンドが参戦を表明していることが判明。


さらには“女子格からの刺客”としてV.V Meiも名乗りを挙げる。ONEで活躍する女子総合格闘技界のレジェンドは「女子の選手を推薦するなら、女子が選んだ方がいいに決まってますよね」と断言。


そんな彼女が推薦したのは、空手で全国大会出場の経歴を持つ“女版空手バカ一代”の上野みずき。V.VMeiは今回打撃主体の選手が少ないという情報を得たとして「オープンフィンガーで伝統空手の1発もらったら、かなり怯むんじゃないかと思う」と、上野の打撃に自信を見せた。

続きを見る