「新しい絶望を与えたい」「埋葬する」 DDTの“カリスマ”佐々木大輔、ディーノ戦は“いい試合じゃなくても何かが残ればいい”

(10.21DDT両国のメインでタイトルマッチを行う佐々木とディーノ。まったく展開が読めない一戦だ)

(C)DDTプロレスリング


テクニカルかつ破天荒な闘い、無軌道なコメントぶりで“カリスマ”とも呼ばれる佐々木大輔が、10.21DDT両国国技館大会のメインに登場する。大舞台でKO-D無差別級王座を争う相手はDDTの“アイコン”男色ディーノ。しかし佐々木はディーノを「終わってる」とバッサリ。また分かりやすいエンターテインメントを拒否し、感動では終わらないプロレスを見せるという。


自身のプロレス観とは? そして自身が率いてDDT総選挙・ユニット部門を連覇中のDAMNATIONの人気をどう思うのか。単なるヒールではない、その独自の世界を言葉でも味わってほしい。


(聞き手・橋本宗洋)


――両国メインでも“感動”で終わらないプロレスを?

佐々木 やりたいな。新しい絶望を与えたい。本当に男色ディーノを生き埋めにしたいんだよ。向こうはそうされないために全開でくるだろうし、こっちも全開でいかなきゃいけない。


――「生き埋め」とは?

佐々木 埋葬だよ。存在を地中に消す。


――ベルトを争う以上に存在を消したいと。

佐々木 新しいことを生み出さないヤツは前に出てくんなってことだよ。


――ただ今回もベルトを巻いて両国メインを決めましたし、ディーノ選手の存在は大きいですよね。

佐々木 まあ向こうはJ-POPだからな。パンクがJ-POPを超えられないのは分かってる。


――売上枚数では超えられないから、存在を埋めるしかないんですかね。

佐々木 愛だの恋だの、思ってないようなことばっか歌ってなぁ、J-POP。男色ディーノだってそうだろ、夢とかよく言うじゃないか。気持ち悪い。


――気持ち悪い(笑)。

佐々木 根強いファンがいるのは分かるけど、「いつまでも同じ曲聴いてんな」って。そのための作戦も必要だろうな。なんだかんだ、キラー・ディーノの面もあるし、すべてのぶつかり合いになる。


――ディーノ選手はここ一番でスタジオミュージシャンばりのテクニックを見せてくることがありますね。

佐々木 そういう嫌さもあるから。あらゆる面で上回るしかない。


――前哨戦での男色殺法の攻防も、そこにつながりますか。

佐々木 全部乗っかって、飲み込んでやるしかないだろ。


――それを達成した上で、DDTをどうしたいですか。

佐々木 団体がどうとかは気にしてないな。気にするのは個人の試合だけ。結局、自分の名前が残ればいいから。(地元の)練馬の駅前に銅像が立つくらいにはなりたいなって思うよ。


――「DDTのために」と考える選手も多いですけど、そこは違うと。

佐々木 そういう選手は自分がないんだよ。結局は周りに流されるだけだから。

(佐々木率いる人気ユニットDAMNATION。キャッチフレーズは「群れない、媚びない、結婚しない」)

(C)DDTプロレスリング


――そういうスタンスで、佐々木選手もDAMNATIONも支持を得ているわけですよね。

佐々木 支持……まあ周りの見る目が変わったな。何か発言一つ一つが受け入れられてしまってる。本当のこと言えば「俺の言うことに共感なんかしてんじゃねえよ」って思ってるんだけどな。もっと嫌われたいというか、ゴミを見るような目で見られて当然じゃないかと思うよ。そこは違和感がある。人気なんか出ちゃいけない人間だし、人気出たくてやってるわけじゃないし。


――……というところが面白いんでしょうねぇ。

佐々木 理解できねえな。もっとひどいヤツだと思われて当然だろ。


――「こんなふざけた人間の話、ちゃんと聞いてんじゃねえ」と。

佐々木 まともなことなんて言ってないからな。ひどいものしか提供してない。


――キャッチフレーズの「群れない、媚びない、結婚しない」もそうですけど、どんな気持ちで聞けばいいのか分からない類のセリフですよね、実際は。今までのプロレスの感情の文脈にはないというか。

佐々木 人の見る目が変わってなかったらこう(蔑むような目で)だろ。俺が言うことなんて聞かなくていいのに。


――でも結果は出してますから。DAMNATIONでKING OF DDTトーナメントも3連覇ですし。

佐々木 まあ結果は出てるな。

(得意技のクロス・フェースロックをはじめテクニカルな試合も佐々木の魅力)

(C)DDTプロレスリング


――結果を出している人の言葉は聞かれる。ということは、出す結果以上にメチャクチャなことを言わないといけないんですかね。試合に関しても、いわゆる「いい試合」じゃなくてもいいと?

佐々木 賛否両論あっていいと思う。みんな否定されると気にするけど、俺は否定的な意見も気にしない。「おめえに何が分かるんだ」っていうタイプで。いい試合じゃなくても、何かが残ればいい。怒りでもなんでも。


――映画もそうですよね。感動するだけが映画じゃないですし。そう考えると、佐々木選手がテクニシャンでありつつハードコアな試合が得意なのも理解できますね。バイオレンス映画を撮るにも映像テクニックが要るのと同じというか。ちなみにこれまで「選手としてこういう路線で」と固めたことはありましたか?

佐々木 30歳くらいまでは、それこそディック東郷みたいなテクニックを追求してたな。でも俺は30で死んでいいと思ってたから、今はもう余生。だから「いつ終わってもいい」と思ってメチャクチャやってるよ。ロックスターなんてだいたい20代で死んでるし。俺はもうすぐ33。まあ35くらいが限界かなと。それで満足。ていうより、もう満足してる。


――現時点で達成感がある?

佐々木 もう越えちゃってる。そんなに欲をもってレスラーになったわけでもないし。「本当にレスラーになれちゃった」くらいの勢いだから。


――とはいえ、両国メインで勝てば新しい野望も見えてくるかもしれません。

佐々木 「もっとメチャクチャにしてやれ」とは思うかもな。


――あくまでファンの支持を得たいわけではないと。

佐々木 それは得たくないな。練馬に銅像が立てばいい。


――実際、「複雑な余韻を残すビッグマッチのエンディング」というのもありますよね。春の両国大会でも、メイン後に入江茂弘選手が入ってきて。

佐々木 あれは不穏だったな。一昨年の夏、巨人(石川修司)が勝った時もハッピーエンドとは違うムードだったし。


――DDTには、そういう流れも一つあるってことですかね。

佐々木 流れに乗るのは嫌だけどな。じゃあ勝ったらベビーフェイスになるか。


――え? 佐々木選手が?

佐々木 客に愛想振りまこうか。「うわ、佐々木の野郎、急にセルアウトしやがった!」って。


――それは呆れられるでしょうねぇ……。

佐々木 まあ感動はしないよな。

続きを見る