那須川天心、やってみたいプロレス技は「ドラゴン・スクリュー」

10月21日開催のDDTプロレスリング「両国ピーターパン2018~秋のプロレス文化祭~」に先駆け、キックボクシング界の“神童”那須川天心と、KO-D無差別級チャンピオンの男色ディーノが“格闘王者対談”を行った。

「やってみたいプロレス技はある?」という質問に、天心は「「反則になっちゃうかもしれないですけど、できそうなのはドラゴン・スクリュー」と、蹴り足をつかんで投げる藤波辰爾のオリジナル技を挙げる。


「練習でちょっとやったことあるんですけど」と明かす天心に、ディーノが「どうなった?」を興味津々で尋ねると、「(相手が)『イタタタ』みたいな。軽くやっただけなんですけど」と、その効果を振り返った。


さらに「あとはドロップキックならできるかな」とポピュラーな技を挙げ、「ただ出すだけじゃダメだと思うんで、当てて、しかも打点しっかり高くみたいな」と、理想のドロップキックを語る天心。


しかも「練習したことあります」と実践済みだと明かすと、ディーノは「やっぱりやってみたくなるもんなの、あれ?」と笑いながらも、「ものすごいドロップキック打ちそうなイメージある。高いうえに速そう!」と、天心流ドロップキックに興味を寄せていた。

続きを見る