那須川天心、「世界の舞台にいつか出るなきゃダメ」「日本でもっとキックボクシングをメジャーにする」

20日『VS 那須川天心 2nd』(AbemaTV)が放送された。1stシーズンから3か月を経て始まった、“神童”那須川天心に密着する格闘ドキュメンタリー番組だ。

タイの地に赴いた天心は、インパクト・アリーナで開催された『ONE Championship KINGDOM OF HEROES』を観戦。同じRISE所属の工藤政英へ熱い声援を送るなど、大会を満喫していた。


試合はメインイベントとなるONE史上初のボクシング世界戦、イラン・ディアス対シーサケット・ソー・ルンビサイのWBC世界スーパーフライ級タイトルマッチに。


真剣なまなざしで試合を見つめる天心は「強いっすね、シーサケット」と語ると「ロッタン的な感じですよね」と、激戦を繰り広げたロッタン・ジットムアンノンの名前を挙げる。結果は王者のシーサケットが勝利し、3度目のタイトル防衛を果たした。


観戦を終えた天心は「海外で活躍するってことはすごいですよね」と語ると「自分もこういう舞台にいつか出なきゃダメだな」と続けて「そのときが来るまで、しっかり日本で知名度残していきたいですよね」と決意を新たにした様子だ。


さらに「ムエタイはタイの国技」と話す天心は「だからこそ盛り上がるしお客さんも応援するし、知らない人でもタイ人ってだけでワー!ってなる」と解説。


「(日本では)キックボクシングはメジャーじゃない」と現状を憂いながらも「もっと大きなモノにしていかなきゃダメ」と、トップファイターとしての使命感をのぞかせた。

続きを見る