「おいしい試合」「ノックアウト見せたい」元UFC・阿部大治、ONE電撃参戦への覚悟

元パンクラス王者・阿部大治が、アジア最大のMMA団体「ONE Championship」が10月26日に開催するONE81『Pursuit of Greatness』に参戦。この試合は<AbemaTV>で生中継される。

MMAわずか5戦目でパンクラスのタイトルを獲得し、念願だったUFCに参戦した阿部。しかし世界の壁は高く、1勝2敗という成績で契約解除となった。


阿部は「別に言い訳することもないんで。弱かったから負けたのかな」と自らを省みると「もう一度(自分を)見つめ直して」と、ONE参戦への意気込みを語る。


対戦相手であるブラジルからの刺客、ルイス・サントスの印象については「僕的にはおいしい試合だなって思ってます」とコメント。


「打撃もできて、柔術もできて、なんでもできるオールラウンダーだと思っている」とサントスの実力を認めながらも、「そこを今回しっかり仕留めたら評価してくれる」と、難敵との対戦を今後の“試金石”と捉えているようだ。


さらに「前回の(UFCでの)試合では、すごい“しょっぱい”試合しちゃって」と反省すると「もうあんな試合はしないって自信あるんで」と、ノックアウトによる雪辱を誓う。


阿部は、幼少期に観て印象的だったという辰吉丈一郎と薬師寺保栄の一戦を挙げ、拳が熱くなるような戦いだったと振り返り「ああいう、人を惹きつける選手になりたい」と目標に掲げていた。

続きを見る