「パンクラスひねり潰してやる!」越智vs砂辺、DEEPとパンクラスの代理戦争の裏側

DEEPストロー級王者・越智晴雄とパンクラス・ストロー級王者の砂辺光久が、軽量級日本一を決めるべく9月30日(日)にさいたまスーパーアリーナで開催された『RIZIN.13』で対戦。

注目のカードとなったが、越智は「まあ多分、みんな僕のこと知らないと思うんですけど」と下手に出ながらも「今日多分、みんな覚えると思うんで」と言いつつニヤリと笑う。


セコンドの第二代バンタム級キングオブパンクラシスト・石渡伸太郎を指して「心強いセコンドいるんで問題ないです」と勝利への自信を見せると、石渡は「『パンクラスなんかクソだ! 捻り潰してやる!』じゃないの?」と過激な言葉で煽り、越智を苦笑させた。


対する砂辺は「僕が切り拓きます」とストロー級の選手が日の目を浴びるためにも、自身が先駆者になると誓いを立てる。


試合は3ラウンドまでもつれ込む激戦となり、最後は越智が強烈なパンチを直撃させて砂辺がダウン。頭部に蹴りを入れようとしたところをレフェリーが制し、劇的なKO決着となった。


リングを降りて雄たけびを上げる越智に、スタッフが「めちゃめちゃ盛り上がってました」と声をかけると「本当ですか? 2ラウンド目までちょっとヤバいなと思って」と、意外にも焦りを感じていたことを明かす。


2ラウンド終了時のコーナーで石渡に「お前、3ラウンド何がしたいんだ?」と聞かれた越智は「倒しに行きます」と奮起したそうで、「言った通りできてよかったです」と試合を振り返った。


一方、頭から流血した状態で控室に戻ってきた砂辺は、越智を指さして「やりやがったな!」と気を吐くも、「試合した記憶、全く今ゼロなんですよね」と告白。悔しさのあまり「夢であって欲しいな」と漏らしていた。

続きを見る