優勝候補に名乗り!女版山本KID、初戦突破「ノリさんの期待に応えるためにも絶対負けない」

27日『格闘代理戦争3rdシーズン』(AbemaTV)のトーナメント第1回戦が開催された。格闘界のレジェンドたちが次世代を担う選手を発掘する「格闘リアリティ番組」。第3弾では「総合格闘技/女子」を舞台にファイターたちがトーナメントの頂点を目指し、優勝者には賞金300万円と「ONE Championship」プロ契約の権利が与えられる。

第2試合では<TEAM KRAZY BEE>が推薦し“女版KID”として送り出されたあいと、V.V Mei推薦の空手家・上野みずきが対戦。


あいは「私が推薦選手に決まったとき、ノリさん(山本“KID”徳郁)がすごく喜んでくれたので、ノリさんの期待に応えるためにも絶対、今回は負けないです」と勝利を誓う。対する上野は「打撃1発で優勝目指して頑張ります」と意気込んだ。


試合の序盤では、あいが上野の打撃を警戒してか攻めあぐねていたものの、グラウンドの攻防に移行するや優勢になり、最後は上野の左手を取って腕ひしぎ十字固めで1本勝ちを決めた。


解説の元格闘家、大沢ケンジは「レスリングだけかと思ったら、こうやって腕も取れるとなると結構、優勝候補に挙がってきますね」と、レスリングの実力に加えてMMAにも順応しつつあるあいの実力を評価。


<TEAM KRAZY BEE>の矢地祐介は「いいところ全部出たと思います。本当にあいちゃんらしい戦い方をしてくれた」と満足気で「終始圧倒してて、危なげなく見守ってました」と試合を振り返る。


あい自身も次戦について「次も勝てるように頑張ります」と笑顔を見せると、観客からは大きな声援と拍手が送られていた。

続きを見る