「K-1を盛り上げるんだったら俺が勝たなきゃダメ」芦澤竜誠、卜部弘嵩戦に勝利宣言

芦澤竜誠は、11月3日開催の『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN』~第3代スーパー・ライト級王座決定トーナメント~のスーパーファイトで、卜部弘嵩と対戦。この試合は<AbemaTV>で生中継される。

スタッフが「今回はギラギラ感がない」と前回の小澤海斗戦との違いを指摘すると、芦澤は「前は単純に(小澤選手に)ムカついてただけですよ」とキッパリ。


また「人のことをけなすってことは、その人が生きてきた人生すべてをけなすことになる」「俺だって、そんな人の人生をけなす権利なんかあるわけないんですよ」と真意を明かす。


しかし「あるわけないけど、けなすんだったらけなすなりに、俺も覚悟を決めなきゃいけないんで」と“けなす側の責任”を口にすると「引退も宣言したのは、俺も覚悟を決めたからです」と解説した。


「小澤海斗のときは単純に心からブン殴りたいっていう楽しみだった」と語る芦澤は「今回は格闘家として、本当にあれだけ目立ってきた卜部選手が、どんくらいのものかを見たいですよね」と値踏みする。


さらに芦澤は「こんなこと言ったらまたアンチが来ると思いますけど」と前置きしつつ、「結婚したから、守るものを作ったわけじゃないですか? そういう選手は落ち目ですよ」と卜部をバッサリ。


守るべきものがあれば命を懸けられなくなる、と発言の意図を説明し「そこの違いも試合で見せたい」と宣言。そして「俺が勝つのが一番面白くなると思います。今後、K-1を盛り上げるんだったら俺が勝たなきゃダメですよ」と言い切った。

続きを見る