「俺が一番強い」「情けはない。鬼になる」芦澤竜誠、卜部弘嵩にKO宣言

芦澤竜誠は、11月3日開催の『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN』~第3代スーパー・ライト級王座決定トーナメント~のスーパーファイトで卜部弘嵩と対戦。この試合は<AbemaTV>で生中継される。

芦澤の所属する<K-1ジム総本部>代表・梶原龍児は、芦澤について「『ジョーカー』であってほしいんですよ」と語る。


「ジョーカーってキングと同等にもなるし、もしかしたらババ引くかもしれない。そういうヤツにK-1でなってほしい」と願いを込め、「この子はなれると思う」と期待を寄せる。


また梶原は、ジョーカーはトランプの全カードの中でも最初に見るもの、と解説し「必ず気になる存在ってジョーカーだからね」と補足。この話に芦澤は「カッコ良かったですよ!」と満面の笑みだった。


芦澤は自身について「やっぱ俺は自分が一番好きだし、一番自分が強いと思ってる」と語り「単純に言うとナルシストですけど」と自己分析。


「俺は誰とやっても絶対、俺が一番強いと思ってますよ」と言い切ると「リングに上がったら情けはないですよ、本当に。鬼になりますよ、俺たちは」と覚悟を示し「KOで倒すのが一番の卜部選手への、俺の最大限の敬意じゃないですか?」と打倒卜部を誓った。

続きを見る