「王者にそこまで興味ない」木村“フィリップ”ミノル、好き放題暴れるだけ!

第6代Krushウェルター級王者・木村“フィリップ”ミノルは、11月3日開催の『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN』~第3代スーパー・ライト級王座決定トーナメント~のスーパーファイトで、第4代Krushスーパー・ウェルター級王者のジョーダン・ピケオーと対戦。この試合は<AbemaTV>で生中継される。

「“無冠の帝王”がタイトル獲ったら恐いものなし、誰も止められないんで好き放題暴れるだけです」と自信たっぷりに言い放つミノル。


「だんだん自分を信じ込んでいくんですよ、練習中に」と、試合に向けて内面も変化させていくと解説し「『勝つのは間違いない』っていう状態が明確になれば負けることはないんで、それをどんだけ作れるかが大事」と勝利の秘訣を明かした。


また「実際そこまで(王者というものに)興味ないです」と、やや意外な言葉を口にすると「自分のほうが大きい存在じゃないですか」とキッパリ。「自分がタイトル獲ったっていう自信にはなった」と意義については認めながらも、「成るべくして成る結果というか、あまり大きくとらえてない」と淡々と語る。


「タイトルなきゃ、おかしかっただろうって」と苦笑する木村は「Krushのタイトルは5年前に挑戦してるんで、初挑戦で獲れてたらアレですけど」と、かつて王座を逃した過去を振り返っていた。

続きを見る