堀口恭司は那須川天心との試合中に、なぜ笑っていたのか?

3日『VS 那須川天心 2nd』(AbemaTV)が放送された。1stシーズンから3か月を経て始まった、“神童”那須川天心に密着する格闘ドキュメンタリー番組だ。

9月30日開催の『RIZIN.13』で、世紀の死闘を繰り広げた天心と堀口恭司。番組では試合前に2人が交わした釣りの約束を“対決”という形で実現し、勝負を終えた2人に改めて試合への思いを聞いた。


スタッフが堀口に「(天心は)予想してた以上に強かった?」と尋ねると、堀口は「想定した通りの(試合)展開でしたね」とキッパリ。判定負けの要因についても「3ラウンドにバックスピン? 胴回し回転蹴りがボディに来ると思ったんで、それを(頭部)にもらっちゃって、そこでポイント取られた」「アレは効きましたね」と冷静に振り返る。


試合中に堀口が笑顔を浮かべていたことに触れると、堀口は「楽しくて笑いましたね。『駆け引きしてるなぁ』っていう、それが楽しくて」と理由を説明したが、天心は「『なんで笑ってんだろなぁ』と思ってました(笑)」「不気味で怖かったです」と本音を明かした。


この試合はキックボクシングのルールで行われたが、堀口は「あれだけお客さんが入ってるし、結果が少しでも出てるんで、すごい良かったかなと思います」と、天心の土俵にあえて上がったことに納得している様子。天心も「こうやって(手を挙げた)だけで『ウォー!』ってみんな、気持ち良かったっスよね」と、会場の熱気を存分に感じたようだ。


しかし「試合の勝ち負けじゃなくて、そういう(熱狂的な)場面を作れたのが良かった?」という質問に、堀口は「そうですけど、勝ち負けが自分らプロとしてのあり方、生き方なんで、負けたことに関してはすごい悔しいですよね」と、当然ながら格闘家としての矜持を見せる。


そこで堀口が「もう一回(試合を)やろうかなって」と目くばせすると、天心は思わず苦笑。「お願いしやっス」と再度の“堀口スマイル”に、天心は「怖いですね(笑)」とたじろいでいた。

続きを見る