“世紀の一戦”那須川天心vs堀口恭司 再戦の可能性あり

3日『VS 那須川天心 2nd』(AbemaTV)が放送された。1stシーズンから3か月を経て始まった、“神童”那須川天心に密着する格闘ドキュメンタリー番組だ。

9月30日開催の『RIZIN.13』で、世紀の死闘を繰り広げた天心と堀口恭司。番組では試合前に2人が交わした釣りの約束を“対決”という形で実現し、勝負を終えた2人に改めて試合への思いを聞いた。


会場のさいたまスーパーアリーナは凄まじい熱気に包まれたが、堀口は「嬉しいですよね」と素直に喜ぶと、「やっぱり2人も強ければ、みんな観たくなるじゃないですか。だからそういうカードをどんどん作っていけば、お客さんも自然と観たくなるんじゃないかな。この1戦で改めて気づいたじゃないですか絶対、周りも」と熱弁を振るう。


スタッフの「(今後も)キックルールの試合をやってみたい?」という質問には「それが意味があるかないかって考えたときに、意味がある試合だったらやりますけど」と答えると「例えば再戦とかだったら全然やりますけど!」と、しれっと目の前にいる天心に挑戦状を叩きつけた。


今度はスタッフが天心に「(堀口選手は)キックボクサーとしても相当?」と質問をぶつけると、天心は「他のキックボクサーと比べ物にならない」と賛辞を贈る。これに堀口は、自身がMMAファイターでタイプが違うことも理由だとして、「やりづらさがあったんだと思う」と謙遜がちに補足した。


また天心は「自分も(他の選手と)やって欲しくないなってのはありますよね」と本音を明かし「他の人とやっても意味がない」と、やるならば堀口との再戦と心に決めている様子だった。

続きを見る