「体育館の裏来い」「聞き逃さなかった。ん?」女版KID・あい、V.V Meiを呼び捨て!

3日『格闘代理戦争3rdシーズン』(AbemaTV)が放送され、10月27日に実施されたトーナメント1回戦の舞台裏に迫った。

格闘界のレジェンドたちが次世代を担う選手を発掘する「格闘リアリティ番組」。第3弾では「総合格闘技/女子」を舞台にファイターたちがトーナメントの頂点を目指して闘い、優勝者には賞金300万円と「ONE Championship」プロ契約の権利が与えられる。


第2試合は<TEAM KRAZY BEE>推薦の“女版KID”あいと、V.V Mei推薦の空手家・上野みずき。あいは笑顔で会場入りし「あんまりまだ緊張してないです」とリラックスした様子で、控室につくとまずは睡眠をとって鋭気を養う。


<KRAZY BEE>の面々と終始穏やかに会話をするあいだったが、試合に賭ける覚悟は本物で「徳さんのために、1回戦は必ず勝ちます」と、亡き山本“KID”徳郁に勝利を誓うと、朴光哲は「あいちゃんは勝てばみんな喜ぶから気にしないで、自分のやりたいように頑張ろう」とエールを送った。


番組スタッフは「Meiさんのこと『Meiちゃんと』呼んだ」と、過去に同番組であいがMeiのことを「ちゃん付け」で呼んだことを伝える。Meiはその映像を見たそうで「私は聞き逃さなかったですよ。『ん?』って」と空気をピリつかせる、「女子高だったら一回先輩に締められるパターン?」と煽るスタッフに「そうですね、『体育館の裏来い』って」と、ジョークなのか本気なのか分からないコメントで、思わず上野も苦笑する。


この件を伝えられた朴は「あ、マジっすか? ヤバいな、あいちゃん」と笑ったが、あいも「怖いです、本当に本当に怖いです」と言いながら、それほど意に介している様子はなかった。


そして試合は、あいが寝技のキレを見せて腕ひしぎ十字固めで上野に一本勝利。日中の仕事で夜10時以降からしか練習ができなかった上野は「めっちゃ悔しいんだもん、もっと練習できたら……」と涙すると、Meiは上野の肩を抱き「胸張っていいよ」と優しく声をかけた。

続きを見る