「誰かにとっての"那須川天心"になりたい」格闘代理戦争から再びアマ世界大会へ! 前田浩平が語る、新たな決意。

AbemaTVの格闘リアリティ番組「格闘代理戦争」2ndシーズンに、那須川天心推薦選手として出場した前田浩平が再出発の時を迎えた。

(気持ちも新たにアマチュア世界大会に臨む前田)


前田が出場するのは、11月11日から18日まで開催されるアマチュアMMA世界大会「IMMAF-WMMAA UNIFIED WORLD Championships AMATEUR MMA」のフェザー級トーナメント。今回で3度目の出場だが、今年はオセアニア選手権を制しているだけに、トーナメントの枠もこれまでよりはよくなると見られ、上位進出への期待もかかる。


「格闘代理戦争」で知名度を高めた前田が、あらためてアマチュア世界一を狙う意味とは。その意気込みを聞いた。


(聞き手・橋本宗洋)


――まず「格闘代理戦争」に出たことでの反響はいかがでしたか。

前田 凄い反響でビックリしました。職場が渋谷なんですけど、街を歩いてる時とかご飯食べてる時にも声をかけてくれる人がいて。ツイッターのフォロワーも3倍くらいになりました。


――知名度が上がった中で、以前も出場していたIMMAFのアマチュア世界大会に出場することになりました。

前田 (格闘代理戦争のトーナメントに勝って)ONE Championshipに出られたら一番よかったんですけど、そうはならなかった。そこでどうするか考えた時に、今の僕は知名度だけが上がった状態なんですよ。他に僕より強い人もいるのに、その人よりもフォロワーが多かったりするので。実力相応の知名度じゃなくなってて。


――ヘタをすると持て余すぞと。

前田 じゃあ、この知名度をいい形でいかすにはどうするか。僕としては、これまで出場してきたIMMAFの凄さっていうのを伝えることができたらと思いました。世界の選手が出て、だいたいの階級で32人エントリーって、プロも含めてなかなかないと思うんですよ。


――しかも軽量級から重量級までですよね。

前田 世界にはこういう凄い大会があって、そこに挑んでる選手がいるんだっていうのを日本の人たちにも伝えたいですね。


――レベルもかなり高いようですね。

前田 「ファイトマネーをもらったことがない選手はアマチュア」っていう形なんですけど、国によってプロ興行がないところもあるので。


――じゃあ「実質レベルはプロ」みたいな選手もいると。

前田 実際、優勝した選手の中にはプロですぐに活躍してる人もいますね。それだけ、この大会にかけてるっていうことでもあると思います。


――「ここで勝って海外のプロ大会で活躍するぞ」と言う目標もあるでしょうし。

前田 この大会自体へのモチベーションも高いですね。特にカザフスタン、バーレーン、スウェーデンが強いんですけど、しっかりナショナルチームを組んできてますから。


――バックアップ体制も整ってると。

前田 チーム力で優勝する大会って感じがします。決勝まで行くと5日連続で試合になるので。僕はまだ経験してないですけど、やっぱりダメージも凄いみたいで。前の大会でケガして医務室に行ったら、野戦病院みたいでしたから。


――それこそ顔は腫れてて当たり前だしっていう。

前田 ボコボコになりますよね。ローキックで足のダメージもありますし。


――じゃあ丁寧にカットしないといけない?

前田 でも試合時間は3分3Rなので、ガンガン前に出ないと勝てないっていう部分もあるんですよ。本当に過酷で。


――そうなると本当に、この大会のための戦略が大事になってきますね。

前田 だから余計にやりがいがありますね。僕は2年前にパンクラスのアマチュアで勝ってるので、それからは「プロに行くか、世界大会か」っていう選択でやってきたんですよ。で、僕はIMMAFの世界大会で結果を出したいなっていう気持ちがあって。


――実際に出たからこそ、その特別さも分かるわけですよね。

前田 個人的には外国人と試合するのもアガりますね。やっぱりUFCが好きでずっと見てたので。


――日本代表ですもんね。

前田 国旗を背負うっていうのも凄く大きいです。柔道とかと比べたら競技人口も違うんですけど、それでも特別な感覚になりますね。


――今回は「格闘代理戦争」を経ての再出発という意味もあります。

前田 番組で初めて、身内以外から応援されるっていう経験をしたんですよ。応援のメッセージがきたり。それで格闘技が自己満足じゃなくなりました。「那須川天心推薦選手」として出させてもらって、それはずっとついて回るじゃないですか。(那須川がいる)TEPPEN GYMで今も練習させてもらってるんですけど、凄くよくしてくれますし。それに天心くんのファンが、僕も応援してくれてるんですよ。それも背負わなきゃいけないですね。僕は天心くんみたいなスーパースターにはなれないかもしれないけど、凡人なりにカッコよくなれたらなって思います。誰かにとっての天心くんになろうって、そういう覚悟はできました。

続きを見る