放送事故!ガチ大乱闘勃発 青木真也vs桜井“マッハ”速人、番組史上最悪の展開に

10日『格闘代理戦争3rdシーズン』(AbemaTV)が放送。青木真也と桜井“マッハ”速人が取っ組み合いの乱闘をするハプニングがあった。

格闘界のレジェンドたちが次世代を担う選手を発掘する「格闘リアリティ番組」。第3弾では「総合格闘技/女子」を舞台にファイターたちがトーナメントの頂点を目指し、優勝者には賞金300万円と「ONE Championship」プロ契約の権利が与えられる。


トーナメント第1回戦を勝ち抜いた、青木真也推薦・古瀬美月、<TEAM KRAZY BEE>推薦・あい、佐藤ルミナ推薦・・MIO、桜井“マッハ”速人推薦・平田樹の4人は、第2回戦の組み合わせをくじ引きで決め、古瀬vsあい、MIOvs平田のカードが確定した。


対戦相手が決まり、推薦人たちにインタビューをしていく中で、マッハは「MIO選手、よろしく頼むよ」とMIOに握手を求めて会場を沸かせる。さらにマッハは「ひとこと言わせてもらっていい?」と前置きすると、朗々と“マッハ劇場”を展開。


「俺だってシュートボクシングと修斗を間違えて入るくらいだから、俺のいわば後輩でしょ? あなたの考えてること全て分かってる」と、MIOに執拗なボディタッチをしながら上機嫌に話し続けるマッハ(修斗を学ぼうとしたが誤ってシュートボクシングのジムに入門した経歴がある)。


すると、これをイラついた様子で見ていた青木は「話が長いよ」とぶった切ると、「イライラしてきたでしょ、大丈夫?」とマッハを煽り、「先輩、糖質切れだよ!」と言い放つや、どこから取り出したのかシュークリームを投げつけた。


マッハが「いらねーよ!」とシュークリームを蹴り返すと、青木はいきなり電光石火のタックルをマッハにお見舞いし、もみくちゃ状態に。これを周囲のレジェンドファイターたちが止めに入り、会場は一時騒然となる。


会場から立ち去る青木に、スタッフが「何が気にくわなかったんですか!?」と投げかけると、「なんだろね、長々長々と……話が長いよ!」と、日頃の因縁に加えてマッハの話の長さが癇に障ったようだ。

続きを見る