「100%の状態だったら天心は勝てる!」飯伏幸太、那須川天心vsメイウェザー戦を大予想

17日『VS 那須川天心 2nd』(AbemaTV)が放送された。1stシーズンから3か月を経て始まった、“神童”那須川天心に密着する格闘ドキュメンタリー番組だ。

大みそか開催の『RIZIN.14』で、フロイド・メイウェザーと天心の対戦が発表されたのが11月5日。その3日後にはメイウェザーが自身のインスタで試合を“白紙撤回”する騒動もあったが、その後改めて対戦することが発表されている。


番組スタッフは、問題のインスタでの発言が投稿される前日の7日に、日本を代表する人気プロレスラー・飯伏幸太から世紀の一戦について話を聞いていた。


「ついにきたか」「うらやましい。うらやましい限りですよ」と語る飯伏は、元キックボクサーの経歴を持ち、天心を幼少期から注目しているという。


「自分もまだ、職業的には違っても(現役)選手なので、ちょっと『いかれたなあ』っていう。ちょっと“持っていかれた感”があるなっていうのと、あと同時に素晴らしいなっていう、このカードは観てみたい」と、羨望と賞賛の入り混じる複雑な心境を語る。


「(メイウェザークラスの)人間と対峙するというのは、どういう気持ち?」という質問に「そこでの勝負がありますよね『圧力』」と語る飯伏。ビッグネームを相手にした際のプレッシャーで、ベストパフォーマンスが出せなくなる可能性があり「(天心が)いつもの80%しか出せない状態で、リングに上がる可能性があります」と指摘。


メイウェザーが100%の状態でリングに上がってくるのは当然、と考える飯伏。勝負について「100%と100%の状態で戦ったら(天心は)勝てる」と、お互いがベストな状態なら天心に分があると強気に予想していた。

続きを見る