那須川天心、メイウェザーは「昔からああいう感じっていうのは知ってた」

17日『VS 那須川天心 2nd』(AbemaTV)が放送された。1stシーズンから3か月を経て始まった、“神童”那須川天心に密着する格闘ドキュメンタリー番組だ。

大みそか開催の『RIZIN.14』で、フロイド・メイウェザーと天心の対戦が発表されたのが11月5日。その3日後にはメイウェザーが自身のインスタで試合を“白紙撤回”する騒動もあったが、その後改めて対戦することが発表されている。


番組スタッフはメイウェザーのインスタ発言の直後、まだ展開が分からない中で天心にインタビューを敢行している。


「自分的にはなんだかんだで『やるんじゃないかな』と思ってはいる」と語る天心は「昔からああいう感じの人だっていうのは知ってたんで」と冷静だ。


「ちょっと振り回された部分はあるんですけど、そういうところ気にしてたらね、試合には勝てないと思うんで、今は別にそんなに思ってないです。この(11月17日の)試合が終わってから決めようと」と、目の前の試合に集中していた。


そして天心は、自身が“格闘家”と自覚するに至ったエピソードを語りだす。運転免許証を取得するため“免許合宿”に参加したときの出来事だそうで、通常は寮から外出をすることは認められないが、天心は教官に呼び出され「君は格闘家だよな?」と質問を受けたという。


いくつか言葉を交わしたあと、教官は天心に「君は小さい頃から(格闘技を)ずっとやってて、君は選ばれし者だ。君は天職を身に着けたんだ」と言葉を掛け、外出許可を出してくれたのだとか。


天心はこの出来事について「そんときに自分は『格闘家が天職だな』と。普通の人にはできないというか“選ばれた者”なのかなっていう風に感じましたね」と振り返っていた。

続きを見る