「レスリング強い、あとはカワイイなってぐらい」青木真也推薦選手・古瀬、強気のコメント

17日『格闘代理戦争3rdシーズン』(AbemaTV)が放送された。格闘界のレジェンドたちが次世代を担う選手を発掘する「格闘リアリティ番組」。第3弾では「総合格闘技/女子」を舞台にファイターたちがトーナメントの頂点を目指し、優勝者には賞金300万円と「ONE Championship」プロ契約の権利が与えられる。

青木真也が推薦選手の古瀬美月を連れてきたのは、神奈川県横浜市にある<パンクラスイズム横浜>。そこには青木が認める数少ない“戦友”の1人、ジム代表の北岡悟が待ち構えていた。


このジムを紹介した理由について青木は「学校終わっても来れる距離」と、女子高生の古瀬が学業と両立できる立地にあるためだと説明。


そして練習相手には、JEWELSで活躍しているSARAMI選手を招集。柔道をベースとしたグラップリングに定評があり、第2回戦で戦う<TEAM KRAZY BEE>推薦・あい選手の対策にはもってこいの練習相手だという。


スパーリングになると、打撃ではプロのSARAMI相手にも良い動きを見せていた古瀬だったが、グラップリングでは常に抑え込まれてしまい、実力差があらわになる。すると練習を観ていた北岡は「ピチピチさが欲しい! あれだけ立ち技で動けるわけだし、本当はできるはず!」と、精神面が改善のカギだと分析した。


その後、あいの試合を動画でチェックして不安になる古瀬に、青木は「そんなに差はねえぞ」と激励。すると古瀬は「レスリング強いな、ぐらいで……あとはカワイイなあっていうぐらいで、特に」と強気のコメントをしてみせる。


これに青木は「大丈夫だよ、俺からしたらみーたん(古瀬)の方がカワイイ! 溺愛してるから!」と臆面なく言い放ち、古瀬を大照れさせていた。

続きを見る