メイウェザーを本気にさせろ!那須川天心、人生を賭けて「世界変えたい」

11月24日『VS 那須川天心 2nd』(AbemaTV)が放送された。1stシーズンから3か月を経て始まった、“神童”那須川天心に密着する格闘ドキュメンタリー番組だ。


天心は11月14日開催の『RISE 129』のメインイベントで、内藤大樹を相手に1ラウンド1分59秒でレフェリーストップと、圧倒的な強さを見せつけ勝利。番組では試合を終え帰途につく車の中で、父・弘幸氏と親子2人きりになって本音で語り合う様子を紹介している。


いよいよ次戦は、大みそか開催『RIZIN.14』でのフロイド・メイウェザー戦。車中で内藤との試合を振り返っていた2人だったが、しばらくして弘幸氏は「次、年末だな」とポツリと呟く。


天心は「そうね」と返しながらも「まだ考えられないよね」と実感が湧いていない様子。これに弘幸氏は「まあでも、もうやるしかねえよな、決まったし」と発破をかけ「勝負の時だよ」とダメ押しすると、プロデビュー以降無敗の“神童”は「世界変えたいよね」と闘志を燃やす。


弘幸氏は「一太刀入れるために、人生かけてやるしかない」「本気にさせてみな、メイウェザー。それができたらお前の勝ちだよ」と畳みかけて「しっかりやれ」と叱咤激励すると、必勝を期する天心はただ一言「押忍」と答えていた。

続きを見る