メジャーリーガーvs高校球児!佐藤ルミナ、推薦選手・MIOに地獄の出稽古

11月24日『格闘代理戦争3rdシーズン』(AbemaTV)が放送された。格闘界のレジェンドたちが次世代を担う選手を発掘する「格闘リアリティ番組」。第3弾では「総合格闘技/女子」を舞台に、ファイターたちがトーナメントの頂点を目指す。優勝者には賞金300万円と「ONE Championship」とのプロ契約の権利が与えられる。


試合に備えて推薦人・佐藤ルミナは、推薦選手のMIOとともに、日本有数の女子格闘ファイターが集まる一流ジム<AACC>に出稽古へ。


寝技を得意とする平田に打ち勝つため、ルミナはトップファイターたちとの練習を組み込むことに。はじめにMIOのスパーリング相手を務めたのは、元Invicta FC、世界アトム級王者の浜崎朱加。女子MMAで“世界一強い女子ファイター”と称される猛者だ。


“メジャーリーガー対高校球児”といった様相で行われたスパーは、やはり浜崎が優勢の展開に。わずか1分でMIOが肩固めを極められてしまうと、その圧倒的な技量の違いにルミナが「それ逃げ方わかんない」とストップをかける場面も。


スパーを終えて、浜崎を「全てが桁違いの強さ」と賞賛したルミナは「当然、歯が立つわけない」と言いながらも「この圧を肌で感じて、得るものはある」と特訓の意義を語った。


続けて、DEEP JEWELSへの参戦歴もある杉本恵と総合スパーリとングに挑んだMIO。ルミナは「本物たちとスパーができて、ものすごい収穫になった」と満足気で、MIOも「かなりいい練習させてもらってありがたい、めちゃくちゃ強かったです」と、相手を務めてくれたファイターたちに感謝した。


トーナメント第2回戦は12月1日に<AbemaTV>で生中継される。

続きを見る