会場は緊迫ムードに!乱闘あるか? 因縁の青木真也vsマッハ、格闘代理戦争決勝でついに激突

1日『格闘代理戦争3rdシーズン』(AbemaTV)のトーナメントが開催された。格闘界のレジェンドたちが次世代を担う選手を発掘する「格闘リアリティ番組」。第3弾では「総合格闘技/女子」を舞台にファイターたちがトーナメントの頂点を目指し、優勝者には賞金300万円と「ONE Championship」プロ契約の権利が与えられる。


準決勝では、青木真也推薦・古瀬美月と<TEAM KRAZY BEE>推薦・あいが第1試合で、桜井“マッハ”速人推薦・平田樹と佐藤ルミナ推薦・MIOが第2試合で激突。古瀬は腕ひしぎ十字固め、平田はスリーパーホールドの一本勝ちで、ともに決勝へと駒を進めた。


試合を終え、古瀬は「やっとスタートラインに立てそうなところまで来たんで、ここまで来たからには立ち止まらずに、青木さんと一緒に走っていきたいと思うんで、応援よろしくお願いします」と語り、平田は「まだまだ先は長いんで、もっと“先”を見て頑張りたいと思います」と抱負を述べる。


すると青木は「決勝戦はですね、尊敬する偉大な先輩の推薦選手と戦えることを光栄に思います。平田さんの、マッハさん直伝の首投げを警戒しております。我々青木チーム、一生懸命戦いますのでよろしくお願いします」と、番組内で“乱闘騒ぎ”まで起こしたマッハに対し、殊勝にコメントした。


これにマッハは「俺らもいろいろあったけどね」と因縁をにおわせつつ「今みたいに言われちゃうとやり辛い」と青木の発言に拍子抜けした様子だったが、主張は控え奮闘した選手たちを立てた推薦人たち。


決勝について改めてコメントを求められると、古瀬は「決勝、一番キツいですけどしっかり青木さんと練習して勝ちます!」と宣言し、平田も「自分のスタイルを貫き通して、相手が誰でも勝てるように頑張りたいと思います」と力強く語っていた。

続きを見る