「本当の意味での“男と男の真剣勝負”」大宮司、皇治vs武尊は激戦になる

皇治は12月8日、エディオンアリーナ大阪で開催される『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN~K-1ライト級世界最強決定トーナメント~』で、武尊の持つK-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王座に挑戦。この試合は<AbemaTV>で生中継される。


皇治がハードなトレーニングに励むのは<K-1ジム三軒茶屋 SILVER WOLF>。代表・大宮司進氏が練習の最中に撮影を止めるよう要求する場面もあったが、練習後に「武尊さんの弱点だったり対策はある?」と聞かれると、大宮司氏は「もちろん、それはいっぱいありますね」と明かす。


「まあ結局のところ勝負って、自分の長所を生かし、自分の短所を防いで、相手の短所をついて、相手の長所を抑えるだけ」と淡々と解説し、「そこの部分に関しては徹底的に(対策を)考えていっぱいやってますね」と語った。


トレーニング中の張り詰めた雰囲気について、スタッフが「異質な空気感」と表現すると、大宮司氏は「今回は相手が相手なんで、本当の意味で(皇治が)すべてをかけた勝負っていうのは、今回が初めてかもしれないですね」と、皇治の心中を推察する。


「『すべてをぶつけて』というような試合は今までしたことがあまりないと思うので」と続けると「本当の意味での“男と男の真剣勝負”みたいな、そういう感じになるかなと思っていますね」と“激戦”を予見していた。

続きを見る