那須川天心、完全決着を予告「一太刀かKOで」メイウェザーへ闘志を燃やす

那須川天心は12月31日(月)、さいたまスーパーアリーナで開催される「Cygames presents RIZIN.14」でフロイド・メイウェザーと対戦。『RIZIN CONFESSIONS #25』(YouTube)では、両選手に密着取材を敢行している。

メイウェザーは「ボクシングが他の格闘技より優れている点は、伝説的なスポーツであることだ」と語り「時をずっと遡っても、ボクシングは存在し続けている。伝説的なんだ、ボクシングが最初にあったんだ」と、何よりも歴史のある競技だと強調する。


さらに「スタンドで拳と拳で殴り合う。もちろんキックボクシングもMMAも素晴らしい、他の人たちがやっていることを悪く言うつもりはない。だがボクシングは伝説的なんだ」と繰り返し、ボクシングが特別な競技だとアピールした。


一方、キックボクシングを主戦場としている天心は「いろんな(ボクシングの)世界チャンピオン見ても、この技術なら勝てるなとか、この部分では勝てるかもなっていうのはあったりはしますね。3ラウンドとかだったらいけるなとか」とコメント。


「本当、日本代表だと思うんですよ、今回の戦いって」と、日の丸を背負う気概を見せた天心。「日本人、誰もやったことないわけじゃないですか? 本職のボクサーでさえ、メイウェザーと戦えないわけであって。『じゃあ誰がやるか』っつったら、日本には那須川天心がいるぞっていう」と、格闘家としての自負を覗かせる。


さらに「本当に一太刀、あるいはKOで」と完全決着を予告し、「すごいものを見せてやりたいなと、非常にそういう思いは強いですね」と、世紀の一戦へ闘志を燃やしていた。

続きを見る