KIDに復活勝利を捧げる!矢地祐介、大晦日の一戦に闘志を燃やす

矢地祐介は12月31日(月)、さいたまスーパーアリーナで開催される『Cygames presents RIZIN.14』でジョニー・ケースと対戦。『RIZIN CONFESSIONS #27』(YouTube)で試合への意気込みを語っている。

RIZINで連勝を続けていた矢地だったが、ルイス・グスタボ戦でKO負けを喫したことについて「やっぱこの前、8月コケて……まぁ地に落ちたっすよね」と自虐的に振り返り、「『こんなところで……』っていう気持ちはすごくあったっす」と当時の思いを振り返る。


しかし「『もがいてた』っていう風には端から見れば見えるっすけど、プラスもマイナスも全部自分の力にして、パワーにして大きくなって強くなっていくしかないから」と、敗北も自らの糧にしていく決意を語った。


山本“KID”徳郁のお別れ会では、大粒の涙を流しながら弔辞を読み上げた矢地。「しっかり勝って天国に届けたいですね」と、復活の1勝をKIDに捧げることを誓う。


対戦相手のケースについては「強いっスよね」と素直に強敵であることを認めながらも「すごい噛み合うと思う。なんかノリもよさそうだし」と笑いつつ、「『日米ヘラヘラ対決』じゃないけど、気持ちいい試合できそうです」と胸を躍らせている様子だ。


同大会では、フロイド・メイウェザー対那須川天心の一戦が注目されているが、矢地は「メイウェザーの試合よりも盛り上げたいですよね」と、試合内容での“打倒メイウェザー”も目標に掲げていた。

続きを見る