チャンピオンを狙う!秋山成勲、ONE Championship への挑戦を語る「チャトリさんのパッションが、すっと入ってきた」

柔道出身でMMAファイターとしてHERO’S、DREAM、UFCで活躍してきた秋山成勲が、アジアを拠点とする大会ONE Championshipとの契約を果たした。ここ数年、試合から離れていた秋山が新たな戦場での復帰を選んだ理由は何だったのか? 3月の日本大会開催も決まり、さらに話題を呼ぶであろうONE。秋山自身から、契約に至る流れとONEへの思い、今後のプランを聞いた。

――UFCとの契約が切れて、次の舞台としてONEを選択されました。驚いた格闘技ファンは多かったと思いますが、どんな経緯、心境だったんですか。


秋山 このところ試合もしてなかったですからね。もちろん最初は「ONE」に行きたいという気持ちはまったくなかったです。UFCの選手だったわけですから。ただUFCでは、韓国大会が開催されるというので、そこに照準を定めてたんですよ。


――次に試合するなら韓国大会だと。


秋山 韓国でやりたいっていうのは前から伝えてたんですよ。前回の韓国大会があって、「次またやるならそれを待ちます」と。UFC側も、韓国大会まで私の試合を待ってくれるということでした。それで、日本大会にせよ他の大会にせよオファーはなかったんです。向こうもビジネスとしてそう判断したんでしょうね。


――UFCの最大のポイントは王座争いですが、秋山選手としては立ち位置だったり、プラスαも大事にしたと。


秋山 この歳になると、それも考えますね。少し引いた目で見るというか。いい意味で自分を客観的に見て。


――ところが、なかなかその機会がなく。


秋山 会場が取り壊しになって、新しい場所がいつできるのかとか、そういう話もあって歯がゆかったですね。「これは本当にやるのか?」と。そういう感じでしたね、最終的には。


――ONEにはどんな魅力を感じましたか?


秋山 UFC韓国大会もそうだったんですが、まず「アジアを盛り上げたい」という気持ちがあって。それプラス、自分の歳を考えると選手の育成、土台作りという面でもONEに協力できるんじゃないかなと。また韓国における私に対するニーズという面もありますし。そういう部分で、少しずつ考えていった感じです。


――選手としてだけではない形で関われると。それも立ち位置、プラスα的な部分ですね。


秋山 立ち位置をしっかり確立していけたらと思ってますね。(ONEのCEO)チャトリさんともそういう話はしました。


――ONEと契約した反響はいかがでしたか。


秋山 正直、歳も歳なのでマイナスの意見が多いんだろうなと思ってました。でも周りの人たちの声とかインスタグラムのコメントだと、前向きに捉えてる人が予想以上に多いかなと。そこはちょっと拍子抜けというか(笑)。


――批判も覚悟の上だったと。


秋山 「もう無理だろ」と言われたら、それも受け止めるようというスタンスだったんですけどね。それは思ったより少なかったです。


――試合の準備という面ではどうですか。UFCの時から「決まればいける」という感じもあったんですか?


秋山 それはありました。前回の試合は3年前で、モチベーション的には「次はいつなんだ」って思いながらで難しい部分もあったんですが。自分なりに練習はしていたつもりです。


――バラエティ番組だったり、AbemaTVの「格闘代理戦争」では指導者側でしたけど、選手としての練習もしていたと。


秋山 はい。なのでマッハ(桜井“マッハ”速人)くんみたいにボテっとはしてないです(笑)。


――ONEでの階級はどうなりそうですか?


秋山 チャトリさんにはウェルターでいくと伝えました。


――これから出場する立場として、ONEをどう見ていますか。


秋山 発展途上、これからどんどん伸びていくイベントだなと思いましたね。そこはアジアのビジネスと同じで。アジアのいろんな国が経済発展していく中で、ONEの大会を見ていると「お客さんも豊かになっていってる最中なんだな」と。アメリカは完全に発展してますけど、アジアは途中ですよね。だから伸びしろが大きい。


――見るスポーツとして発展途上というか。日本で言えばPRIDE初期くらいの感覚なんですかね。


秋山 コアなファンもいますけど、一般の人たちはMMAとかキック、ムエタイとか、細かく分けて見てるわけでもないと思うんですよね。


――国が豊かになり、生活が豊かになると同時に格闘技イベントを見て楽しむ文化も広まっていく感じで。


秋山 そうなっていきながら、見方も深まるんでしょうし。そういう意味では日本の戦後、力道山を見ていた時代の感覚かもしれないです。ということは、それぞれの国でヒーローが出てくればもっと盛り上がるんじゃないですかね。


――チャトリさんにはどんな印象を持ちましたか。


秋山 「格闘代理戦争2ndシーズン」で私の選んだ生徒だったユン・チャンミンが優勝して、彼を契約させるために連れて行った時に初めてチャトリさんと出会って。チャトリさん、凄いパッションのある方で話をしていても楽しかったですね。気が合うなと思いました。彼が語ることが、僕の中にもスッと入ってきて。他の選手はメールのやり取りが多いと思うんですけど、僕は契約まで、毎回会いに行ったんですよ。時間ができたら、日帰りでもいいから会いに行くという感じで、何回も行きましたね。それもあってか、チャトリさんも非常に丁寧に接してくれました。


――会って話すのが重要だったんですね。


秋山 たとえばLINEでの「ありがとう」と、会って目を見て言う「ありがとう」は違うんですよね、やっぱり。気持ちの伝わり方が違うので。それは今回、チャトリさんに会ってあらためて思いましたね。いい勉強をさせてもらいました。


――オフィスだけでなくONE Championshipの傘下のジム(EVOLVE)にも行かれたんですよね。


秋山 契約書にサインした後に行ったんですけど、もう日本とはレベルが違いましたね。大きさもありあますし、一般の会員さんだけで4000人いるって言ってましたね。


――会員数4000人の格闘技ジムは凄いですね。


秋山 1店舗でそれで、5店舗あるんですよ。ビックリしましたね。もちろん施設も充実してますし「これは日本と比べちゃダメだな」って(笑)。一般会員の方が次から次へのジムにやってくる。ただ、格闘技を学んでいる人の意識みたいな部分では、日本のほうが高いはずなんですよ。知識もありますし。逆に言うと、向こうでは格闘技のことをそんなに知らない人たちがたくさんジムに通ってるんですよね。「ちょっと体動かしたいな」っていう感覚で。


――その辺は日本とは違いますか。


秋山 けど日本の人たちもフィットネスは好きですからね。日本も切り口しだいでもっと広まる可能性はあると思いますね。


――ONE Championship サイド、チャトリさんから秋山さんへの希望はどんなものでしたか?


秋山 「来る以上はチャンピオンを狙ってほしい」と。選手として、歳とか関係なく一生懸命頑張ってほしいと。「その分、ちゃんとサポートもするから」とは言ってもらいましたね。

続きを見る