「自分のこと可愛いって、家に鏡あるんすか?」 東京女子プロレス参戦の万喜なつみ、伊藤麻希を“呼び捨て”挑発

 (1月3日に参戦会見、4日に東京女子初出場という流れだったが、リングインすると紙テープも飛んだ。ファンには「安心してついてきてほしい」と万喜)


 1月4日の後楽園ホール大会より、東京女子プロレスにフリーレスラーの万喜なつみがレギュラー参戦している。万喜は昨年までアクトレスガールズ・Beginningで活躍。今年からフリーとなった。昨年末には退団をめぐるいざこざが取り沙汰され、団体側からルール違反による解雇と発表されていた。


 しかし万喜が1月3日の記者会見で語ったところによれば書面での契約自体は存在せず、口頭でも「特別なルールとか約束は一切なかった」、「ちゃんと筋を通してやってきた自信がある」とのこと。契約上の問題がないことは、東京女子プロレス、その母体であるDDTも確認済みだという。


 初登場となった1.4後楽園大会では、ミリー・マッケンジーと組んで天満のどか&愛野ユキ姉妹に勝利。得意技であるジャーマン・スープレックスをユキに決めた。会見では「華麗さや負けん気の強さを見てほしい」と語った万喜。軽快な動きに加え鋭いドロップキック、ジャーマンのブリッジの高さ、それに抜群のアイドル性と、東京女子でもその魅力はすぐに伝わったようだ。

(1.5北沢大会、試合後にも山下を睨みつけていた万喜。シングルマッチ実現が待たれる)


 万喜は翌1月5日の北沢タウンホール大会にも出場。乃蒼ヒカリとのタッグで山下実優&愛野ユキと対戦し、ヒカリがフォール負けを喫している。しかし万喜はシングル王者の山下との初遭遇に手応えを感じたようだ。蹴りの連打を受け続けながら立ち上がった場面は、気の強さと打たれ強さが存分に発揮されていた。試合後には山下が「見た目によらず打たれ強い。面白いですね。シングルでやりたい」とコメント。これに対し、万喜は「ぜひ。ベルト獲っていいならやりたいです。ベルト獲りにいきます」とタイトル挑戦アピールをしてみせた。


 参戦会見では気になる選手を「伊藤麻希(※呼び捨て)」とし、「自分のこと可愛いって言ってますけど、家に鏡あるんですかね?」と挑発していた万喜。vs伊藤の流れも気になるところだが、ベルトも視野に入れている。“剛”タイプの山下と“柔”の万喜の対戦は、新鮮さもあり今年の大きなポイントになってくるはずだ。


 人気の面だけでなく「プロレス的にも誰よりも勝ってるんだぞっていうところをアピールしたい」という万喜。山下戦だけでなく、万喜の参入によって東京女子プロレスの勢力図自体も変わってくるはずだ。

文・橋本宗洋


▶万喜なつみ、いよいよ東京女子プロレスに参戦! 

続きを見る