「最終目標はベルトじゃなく、卜部功也選手」大沢文也、卜部功也への思いを語る

 9日に『K-1 WEDNESDAY CHANNEL』(YouTube)が生放送された。


 ゲストの大沢文也は、3月10日に開催となる『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~K’FESTA.2』のスーパーファイトで篠原悠人との対戦が決定している。


 司会の中村拓己が2019年の目標を尋ねると、大沢は篠原戦の勝利を前提としながらも「今年中には、もう1回ゴンナパーにリベンジしたいかな」と、ゴンナパー・ウィラサクレックとの再戦を希望した。


 中村が理由を尋ねると「僕の最終目標は卜部功也選手」「それまでのステップアップ」と、ゴンナパー戦が“通過点”だといわんばかりの自身を見せる。


 「卜部功也選手と戦うっていうのは、ある意味格闘家としての目標?」という質問に対して大沢は「そうですね、夢です」と断言。さらに「僕はK-1のベルトを狙ってるんじゃなくて、卜部功也に勝つことを目標にしてるんで。自然に卜部功也がベルトを持ってるから、そこにいくだけです」と熱い思いを語った。


 『K’FESTA.2』では、卜部と林健太のタイトルマッチが実施されるが、大沢は「複雑ですけど僕からしたら、やりたかった選手と僕に勝った選手がやるんで」と心境を吐露。試合については「正直な話、実力差で言っちゃえば話にならないくらい卜部功也選手の方が強い」と卜部の優位を予想した。

続きを見る