「『これで負けるだろう』っていうイメージが全然ない」KANA、無敗の金子晃大に太鼓判

 16日に『K-1 WEDNESDAY CHANNEL』(YouTube)が生放送された。


 ゲストのKANAは、3月10日に開催される『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K'FESTA.2~』にてヨセフィン・ノットソンとのダイレクトリマッチが決定。もう一人のゲスト、金子晃大も同大会で玖村修平と対戦する。


 同じ<K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ>に所属する両者。プロデビュー以降無敗の金子ついて、KANAは「自分も9戦目まで無敗で、それで初めて負けた。やっぱりこれから相手がどんどん強くなるんで、本当に無敗を築いてほしいなと思いますね」と、後輩の連勝に期待を込めて語った。


 司会の中村拓己が「(金子が)ここまで勝ち続けるとか、強くなるって思ってました?」と疑問をぶつけると、KANAは「普段のスパーとか見てても“穴”がないっていうか、『これで負けるだろうな』っていうのがあんまりないですね」と解説。


 「負ける姿がイメージしづらい?」という問いに、KANAが「そうですね。なので、今は『これで負けるだろう』っていうイメージが全然ないんで、まだ大丈夫だと思います」と太鼓判を押すと、金子はニコニコと笑顔を浮かべていた。


 そんな金子に、KANAについて聞くと「(相手を)倒すんで、すごいなと思います。パンチの切れもすごいんで」とKO力を称賛。「見てて勉強になるっすね。スパーとかやってて、他の階級の男の人とか結構普通にやるんで、すごいなと思って見てます」と、練習する姿からも刺激を受けていることを明かした。


▶K-1が選んだ2019年注目選手はコイツらだ!

続きを見る