「『浜崎とやらせろ』と言われたい」浜崎朱加、内に秘めた“噛みつかれたい欲求”を明かす

 昨年12月31日(月)にさいたまスーパーアリーナで開催された『Cygames presents RIZIN.14』のRIZIN女子スーパーアトム級タイトルマッチで浅倉カンナと対戦し、勝利を収めた浜崎朱加に『RIZIN CONFESSIONS #30』(YouTube)が密着取材を実施。そこで浜崎は、「RIZINを背取っていきたい」と今後の目標と決意を語った。


 「なんで格闘技やってるんですか?」というスタッフの質問に、「正直、趣味の延長なんですけど」と答えた浜崎だったが、「この間RIZINでベルト獲ったときも、獲る前は正直こんなに嬉しいとは思っていなかった。獲って周りのお世話になった人とかが喜んでくれるのを見て、すごい嬉しかったですね。だから『やっててよかったな』ってすごい思いました」と心境に変化があったことを明かした。


 「(格闘技の目的は)お金じゃないでしょ?」と聞かれると、浜崎は「全然お金じゃないです」と即答。しかし「でも、新しいバイク欲しかったりするでしょ?」との問いには「そうなんですよ」と認め、今欲しい車種について「スポーツスターのアイアンっていうハーレーの、もう決めてるんですよ『これが欲しい』って、あのマットブラックのやつ」と、目を輝かせながら語った。


 「浜崎さんにだけ誰も噛みついてこないですよね」との質問には「そうなんですよ、“噛みつかれたい欲”が……」と答えると「『浜崎とやらせろ』とか言われるのに憧れてました(笑)」と告白。今後については「ベルトを獲ったので、これからしっかりRIZINを背取っていきたいと思います」と誓いを立てていた。


▶2日22時~ 那須川天心、緊急生出演で重大発表!『VS那須川天心』3rdシーズンも始動

続きを見る