「みんなに断られて……」朝倉未来、ライト級での戦いに意欲「矢地とやりたい」

12月31日(月)にさいたまスーパーアリーナで開催された『Cygames presents RIZIN 平成最後のやれんのか!』でリオン武と対戦してKO勝利した朝倉未来に『RIZIN CONFESSIONS #30』(YouTube)が密着取材を行った。


 試合のいきさつについて「まず『(大みそか)ライト級で出てくれ』って言われて、それは僕が断って、その後フェザー級で(対戦相手を)探してもらったんですけど、みんな断られて」と振り返る未来。今回は過去2戦の66kgからライト級を見据え、68kgでの試合に挑んでいる。


 未来は勝利を決めた飛びひざ蹴りについて「やっぱり狙ってましたね『これは絶対に決まる』と思ってました」と告白。「こういう大技ってミスするとばれちゃうんで、一回勝負なんで確実に決まるようにしてからいきたかった」と、戦略的に放った一撃だったと解説した。


 試合後、北岡悟が「おめでとうございます」と勝利を祝福して「あんまり分かってないかもしれないけど、自分で自分のすごさ、すごいよ、すごい強いと思う」と絶賛。当初北岡の対戦相手には未来が挙がっていたそうで、「川尻(達也)さんとやるより、君と対戦する方が絶対苦戦するのが分かってた」と明かす一幕も。


 「(RIZINで)3連勝できたんでね、『いい仕事できたのかな』とは思ってますけど」と、淡々と語る未来は「『ライト級でやってくれ』と言うなら『やるしかないのかな』とは思ってます」と決意を明かした。榊原信行RIZIN実行委員長への新年のあいさつでは「矢地(祐介)とやりたいです」と言い放っていた。


(C)AbemaTV


0126_Krush.97_KO集

続きを見る